初めに」と記事の内容も読まずに不要な拡散はおやめください。

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額についての疑問

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額が捏造、改ざんされたものではないかの疑問を検証する

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」 の写真3枚に江國寺の扁額が掲載されており、確かに朝鮮国 雪峯と描かれている。

しかし、よく見てみると少し疑問に思う箇所がある。

江國寺の扁額に実際に関連している人物ではないのか?を検証したい人物

岡村雪峰 国際日本文化研究センターより。峯 峰 違いについて

岡村雪峰() 画家。字は子求。雪峰又は楽真堂と号した。通称岡村岩蔵。京都の人、両替町押小路南に住し画を業とした。円山應立門人。(嘉永五 画家 慶應三 画家)

「「平安人物志」掲載諸家関連短冊」における解説

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額が捏造されていないかの疑問を調査するため行ってみたい場所

江國寺(〒522-0064 滋賀県彦根市本町2丁目3−24)

滋賀県の中山道、朝鮮人街道

滋賀県立大学(人間文化学部地域文化学科)

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額が捏造されていないかの疑問を検証する上で、読んでみたい論文や古典籍、書籍の資料

金義信の墨跡「妙喜庵」をめぐって(附 〈影印〉 拾遺扁額要覧)

彦根市 朝鮮通信使関係資料

朝鮮人御馳走御用御入用積御作事方万仕様帳

『新修彦根市史』第6巻(史料編 近世1)

タイトルとURLをコピーしました