朝鮮通信使

朝鮮通信使

金仁謙の五言律詩とされる字体は、本当に朝鮮通信使である金仁謙の筆跡なのか?

雨の字体が韓国、北朝鮮ではなく台湾の国字標準字体ではないのか? 歴史文化のまち静岡、さきがけミュージアムのホームページで「ユネスコ世界の記録 登録 清見寺朝鮮通信使詩書一覧」というのが見れます。 そのうちのNo.38とNo.4...
朝鮮通信使

広島県にある福禅寺「対潮楼」(紙本墨書)についての疑問 中国新聞『日韓の友好 瀬戸内に足跡 朝鮮通信使「世界の記憶」』の記事より

1748年の朝鮮通信使、正使とされる洪啓禧の息子洪景海が残したとされる紙本墨書「対潮楼」(福山市・福禅寺所蔵)と岸和田藩に送られた詩文を比較した 文化遺産オンラインで福禅寺対潮楼朝鮮通信使関係史料と朝鮮諸人筆語詩巻として登録されてい...
朝鮮通信使

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額についての疑問

滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介 東アジア国際関係史」の朝鮮通信使とされる江國寺の扁額が捏造、改ざんされたものではないかの疑問を検証する 滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科のブログ記事「研究分野紹介...
朝鮮通信使

九州国立博物館の「爲政以徳」(偽造木印)自体が捏造されていないかの疑問を検証する。対馬宗家旧蔵の重要文化財について。

九州国立博物館の「爲政以徳」(偽造木印)と豊臣秀吉の遺品の図録(豊公遺宝図略)と比較で捏造、改ざんされていないか検証する 九州国立博物館のホームページにある「対馬宗家旧蔵の「図書」(図書印)と木印(重要文化財)」の概要には、 ...
朝鮮通信使

“鞆の浦 新たなる発見”の朝鮮通信使の新資料についての疑問

"鞆の浦 新たなる発見"について福山市鞆の浦歴史民俗資料館のブログの説明での疑問 江戸時代鞆の保命酒屋であった中村家の文書の調査から,この「感応」を書いた西嶽が朝鮮通信使の一行で来日した人物と判明しました特別展「善隣友好 朝鮮通信使...
タイトルとURLをコピーしました